派遣ライフ:いい派遣会社の選び方 派遣ライフ:いい派遣会社の選び方

~顔合わせ(面接、職場見学)の受かり方や、契約終了、時給アップ方法などを連載中~

このサイトでは派遣の顔合わせの受かり方や、時給アップ、契約などのお役立ち記事を連載中です。

<↓メニューはこちらです!>

派遣の求人:営業アシスタントと営業事務はどう違う?

1443701170227074

今回は派遣の求人の探し方でも、時折迷ってしまう「営業アシスタント」と「営業事務」の違いをまとめました。

どちらも「営業」という言葉が付いていますので、とても良く似た仕事のイメージを持たれがちですが、実は仕事内容や求められるスキル、経験がかなり違ってきます。

自分にあったお仕事を選ぶ時に、選ぶ職種を間違えますと、やはり良いお仕事との出会いはやってきませんので、しっかり区別して探していきましょう。

スポンサーリンク


営業アシスタント、営業事務のおおまかな違い

どちらも派遣の求人がとても多い職種で、そこで働くスタッフさんも大勢いらっしゃるジャンルです。

「営業」という言葉が付いていますので、どちらも営業系のお仕事という点では同じですが、これら2つはかなりの違いがあります。

良く似ている点としては、まず営業部や営業課での勤務になるという点です。
また、先輩や上司が営業マン、営業課長などになる事がほとんどです。

それぞれの大きな違いは…。

・「営業アシスタント」:自分も営業マンの補佐として、営業活動をする。
・「営業事務」 :営業マンが取ってきた仕事の事務処理をする。

という役割の違いがあります。

例えて言いますと、営業アシスタントが「先輩営業マンに付いて歩くサポート係」というイメージとしますと、営業事務は「その仕事の事務処理をする内勤のデスクワーク」というイメージが近いでしょうか。

実際には営業アシスタントも内勤の場合がほとんどですが、かなり営業に近い仕事が中心となります。
営業事務は、どちらかと言いますと、経理部や管理部門に近い仕事内容になります。

<スポンサーリンク>

営業アシスタントの実際の仕事内容は?

営業アシスタントは、一般的には営業課に配属になり、自分が担当する営業マンが1人~数人決まります。

仕事内容としては、営業マンが外へ営業回りに出ている間に、既存のお客様にサポートの電話をかける仕事や、既存のお客様からの質問に答えていく仕事が中心です。

「本来なら営業マンがした方がいい仕事だけれども、営業マンに時間がないので、サポート担当にお任せする」という仕事内容になります。

具体的には、お客様とのメールのやり取り、営業マンがプレゼンで使う資料作成、情報収集、お客様の声のヒアリング、最近営業に行けていないお客様へのフォローなどを、電話やメールなどを駆使して働く事になります。

やはり営業寄りのお仕事ですから、明るさ、正しい敬語、提案やヒアリングの能力、わかりやすい資料作成など、かなりお客様寄りの能力が必要となってきます。

もともと営業や販売の経験のある方も多い職種です。

営業事務の実際の仕事内容は?

こちらも営業課に所属して働く形ですが、一人の営業マンに付くというよりも、営業課全員のサポートをまとめてする、というイメージが近いかと思われます。

営業アシスタントのように、お客様に直接提案したりヒアリングの場を設けたり、という仕事は少なく、むしろ営業に必要な書類関係が仕事の中心です。

具体的には、見積書の作成、請求書の作成、発送の他、売上が上がった時に書かなければいけない社内の伝票作成、システムへの入力、上司への報告、関係部署への連絡など、社内でのやりとりがほとどんです。

また、求められるスキルも先ほどの営業アシスタントと比べて、かなり事務寄りです。
お客様に寄り添うというよりは、上司、関係部署、システム部、経理部など、1件の売り上げが関わる社内の手続きを、サクサクと処理していく事が大切です。

そのため、事務職、データ入力などの経験者が多い職種です。

まとめ

同じ「営業」という言葉が付いていますが、求められる内容や実際の仕事は意外と違う2つの職種。
派遣サイト上でも、アシスタントの方は「販売職」の中に入る事が多く、営業事務は「一般事務系」に入る事がほとんどです。

似ているからこそ、間違えずに自分のキャリアにあった職種を選択しておきたいものですよね。
ぜひ、あなたの素敵なお仕事探しのお役にたてて頂けましたら幸いです。

派遣Q&Aお答えします! Q:「実際に働いてみて、『ここは良かった!』と思える派遣会社はどこかありますか?」

A:お答えします!

当サイトのライターをしているメンバー達であれこれ話してアンケートをしてみました。
結果、一番「良かった!」の意見が多かった派遣会社の1位は「パソナ」さんでした。
その口コミをまとめると、こうなりました↓

■お仕事紹介が多い+長い
せっかく登録してもお仕事紹介が全然ない派遣会社は、やっぱりイヤですよね。パソナさんは、実際に登録するとお仕事紹介が多いのも有名です。
当サイトのライターの中には、かれこれ10年以上もお仕事紹介をもらっているベテランも。
一度だけ紹介したきりの派遣会社も多い中で、何年も何年もスタッフのことを気にかけてくれるのが、口コミ上位にいつも入る理由かも知れません。

■将来にいかせる求人が多い
派遣の会社は色々あるけれど、どこも軽作業やイベント補助や、ブラック企業っぽい(?)求人が多くて、件数も多いので探すのが大変。
パソナさんは「なんでもかんでも全部紹介して、どれか応募して」的なやり方はしないので、自分に合うものだけを、ちゃんと紹介してくれるから選びやすいです。
ちゃんと頑張れば、数年後に別の仕事を探す時にも、有利になる仕事が多いと思います。

■福利厚生がすごいです…
社員割引のような制度が、派遣スタッフみんなに用意されています。
旅行から、フィットネス、グルメ、映画や舞台、ベビーシッターまで割引クーポンがあります。メニューが多すぎて、それだけで時間をつぶしてしまう時も…。
有名ホテルのランチビュッフェが40%オフなんて見つけてしまったら…、やっぱり使うしかないですよね。

■派遣スタッフの事を、ちゃんと助けてくれる!
派遣スタッフへの扱いがキツイ企業がたまにあるとは聞いていました。
実際に一度、そういう企業で働く事になって、毎日つらくてメンタルが折れそうになった事がありました。その時、パソナの営業さんに相談したところ、派遣先のキツイ上司に「当社のスタッフの扱いをちゃんとしてください!」と言いに来てくれた事がありました。
おかげさまで、最後まで契約期間を(無事に)やり切る事が出来ました。派遣スタッフを大切にするパソナさんの社風は、本当にありがたいと思います。

■どんな人は、パソナさんを選ぶのがいい?

「今だけ」「数か月だけ」という働き方なら、やっぱりパソナさんとの相性は良くないと思います。

逆に。

・その時だけじゃなく、長く派遣としてお仕事紹介をもらいたい
・社員なみの福利厚生を使いたい
・スタッフを「使い捨て」のように使わず、本当に困った時にちゃんと助けてもらいたい!

こんな希望を叶えるなら、やはりパソナさんとの相性が良いと思います。

☆リンク☆
こちらがパソナさんの登録とお仕事紹介です↓
>> パソナさん公式サイト

ちなみに、WEB登録を済ませると、MYPAGEからお仕事案内や、福利厚生も確認できますのでチェックしてみてください。

 - 同じカテゴリの記事 :派遣の職種解説と受かり方
 - 同じキーワードの記事: , ,

スポンサーリンク

もしよければ、シェア頂けますと幸いです♪


  関連記事

メーカー系営業事務・お仕事内容と派遣顔合わせの受かり方 2,324 VIEW

さて、今回は営業事務の求人のお仕事内容や、アピールポイントをまとめました。 営業 …

未経験から派遣の事務職に受かる方法まとめ 3,800 VIEW

さて、今回は「未経験から派遣の事務職へ受かる方法」をまとめました。 アルバイトと …

未経験からの派遣の「営業」職種の受かり方 631 VIEW

さて、前回の記事(派遣の「営業」職種の具体的な仕事内容と、その向き不向きは?)で …

通販系コールセンター・お仕事内容と派遣顔合わせの受かり方 667 VIEW

さて、今回は派遣の求人でも人気の、コールセンターのお仕事内容や受かり方をまとめま …

派遣の「営業事務」のお仕事内容と、受かりやすいコツとは? 4,028 VIEW

派遣のお仕事内容の紹介と、受かり方のコツをお伝えしているシリーズ、今回は「営業事 …

派遣の「コールセンター」のお仕事内容と、受かりやすいコツとは? 3,468 VIEW

派遣のお仕事内容の紹介と、受かり方のコツをお伝えしているシリーズ、今回は「コール …

派遣の「一般事務」はどんな職種? 受かりやすい経験は? 6,609 VIEW

さて、今回は派遣のお仕事の職種別の解説です。 第一回は、一番求人も多い「一般事務 …

派遣の「営業」職種の具体的な仕事内容と、その向き不向きは? 830 VIEW

派遣のお仕事内容の紹介と、受かり方のコツをお伝えしているシリーズ、今回は「営業」 …

未経験からでも派遣の事務には受かる? 事務の求人への受かり方 8,703 VIEW

派遣サイトの求人を見ていますと、事務の求人で時給の高い求人もたくさんありますよね …

どういう経験があると受かりやすい? 派遣のジャンル別 決まりやすいお仕事、決まりにくいお仕事 2,633 VIEW

派遣のお仕事経験が長くなりますと、派遣会社の方も「即戦力のベテラン」と認めてくれ …