「派遣ライフ」では、派遣のお仕事の受かり方や、派遣会社の選び方などを連載中です。派遣で困った時にはぜひご活用ください♪

派遣の顔合わせ(面接、職場見学)で自己紹介(経歴の説明)を上手く話すコツ

1477574340330527

今回は、派遣の顔合わせ(面談、企業訪問など)で、上手く自己紹介を話すコツや、話す内容をまとめました。

派遣先の上司や人事の担当者を前にして、いきなり「では自己紹介をどうぞ」を言われてパニックに…というのはやはり避けたい所です。

いざ面談が始まりますと、まずは自己紹介から始まります。話す内容や順番をしっかりチェックして、スムーズな自己紹介を済ませていきたいものですね。

顔合わせの始まり方

まず営業さんと自分が着席し、派遣先の上司や人事担当が入室されますと、顔合わせがスタートします。
一般的には営業さんがご挨拶し、「それでは、まず簡単に経歴の説明を、本人の方からさせて頂きます」と言われる事がほとんどです。

まずは名前を名乗り、ご挨拶から

派遣会社が用意したスキルシート(履歴書)には、個人情報が載っていません。
そのため、氏名や住所、生年月日や年齢が相手にはわからない形となっています。

最初に名前を名乗りませんと、「結局彼女はなんて名前だったの?」となってしまいますので、まずは名乗ってご挨拶が始まりです。

<例>
「はい。私、山田○○と申します。本日はよろしくお願いします。それでは、簡単にですが、経歴の説明をさせて頂きます」

始めの一言は、この1行が言えましたら全く問題なしです。この一言の後に、詳しく説明を続けていきます。

学歴は説明不要、職歴は順番に説明を

学歴は特に説明をしないのが一般的です。(絶対に説明をしてはいけないという意味ではありませんが、ほとんどの方が、省略しています)

職歴は順番に時系列で話していきますと、相手にもわかりやすく、話も盛り上がりやすくなります。
また、単に社名や部署だけを読み上げていくのではなく、なるべく「どんな仕事をしていたか」を具体的に話していきましょう。

<例>
「大学を卒業後、株式会社○○へ入社致しました。研修後は、総務部に配属となりました。主に、請求書の作成や発送を担当しておりました。
 また、契約書や覚書の作成の他、電話での受付対応、社内会議の日程調整なども担当しました。使っていたツールは、エクセル、ワード、パワーポイントが中心です」

異動や転職はわかるように説明をしていきます

また、同じ会社内での異動や転職などは、それがわかるように説明していきます。
どの仕事も同じように説明する方法もありますが、あまりアピールにならない(強くPRしづらい)内容については、あっさりとした言い方で流してしまっても問題ありません

<例>
「3年目からは営業推進部へ異動となりました。ここでは主に営業の補佐の仕事をしていました。メール対応、電話でお客様へのご提案、資料送付などを担当しました。
 2014年12月に退職をし、2015年1月からは株式会社△△へ派遣で勤務致しました。主にコールセンターでの発信業務が中心でした」
スポンサーリンク

特にアピールしたい仕事内容は、数字を付けてイメージしやすく話す

また、いくつかの仕事内容があって、特に「これをアピールしたい」と思う仕事内容や、派遣会社の営業さんから「○○の仕事内容について、積極的に話すようにしてください」と言われている物がある場合があります。

そういった時には、なるべく具体的な数字を織り交ぜて話していきますと、相手もさらにイメージしやすく、話が盛り上がりやすくなります。

<例>
「特に、3年目の営業推進部での業務は、営業マン4名のサポートとして企業様20社を担当しました。月に3回程のペースで、新しいご提案書や企画書などを作成、ご提案し売り上げアップに貢献しました」

最後まで話し終えれば、「以上です」で終わります

経歴をおおまかに説明し終える事が出来ましたら、最後に「以上です」や、「以上となります、よろしくお願いします」と一言を添えて終わりましょう。

ここまで言い終えますと、自己紹介はひとまず終了となります。

次は採用担当者(や、上司となる方)からの質疑応答や、営業さんの補足説明などへ続いていきます。

質疑応答は一般的な質問が来る事もあれば、かなり突っ込んだ質問が来る事もあります。

準備ももちろん大切ですが、派遣の顔合わせでは普通の就活や転職と違う、「絶対に聞いてはいけないNG質問」が独自にあります。
ここだけはぜひチェックして、地雷を避けてくださいね。詳しくは次の記事で解説していきますね。

〔次〕→派遣の顔合わせ、面接で聞いた方がいい質問、聞かない方がいい質問例

派遣の顔合わせに受かるためのコツや例文を、全部まとめて解説する記事を公開しました!
ちょっと長めですが、顔合わせのコツは「かなり濃いめ」でまとまりました。
派遣の顔合わせ(面接)に受かるコツ 総まとめ

派遣Q&Aお答えします!
Q:「実際に働いてみて、『ここは良かった!』と思える派遣会社はどこかありますか?」

評判のいい派遣会社選びのコツ、お答えします!

当サイトのライターをしているメンバー達で、一番「この派遣会社、良かった!」の意見が多かった派遣会社をアンケートしてみました。
すると、評価の1位は「パソナ」さんでした。 その「おすすめの理由」を大きくまとめると、こうなりました↓

■お仕事紹介が多い+長い

おすすめの理由

せっかく登録してもお仕事紹介が全然ない派遣会社は、やっぱりイヤですよね。

パソナさんは、実際に登録するとお仕事紹介が多いのも有名です。 当サイトのライターの中には、かれこれ10年以上もお仕事紹介をもらっているベテランも。

一度だけ紹介したきりの派遣会社も多い中で、何年も何年もスタッフのことを気にかけてくれるのが、口コミ上位にいつも入る理由かも知れません。

■将来にいかせる求人が多い

おすすめの理由

派遣の会社は色々あるけれど、どこも軽作業やイベント補助や、ブラック企業っぽい(?)求人が多くて、件数も多いので探すのが大変です。

パソナさんは「なんでもかんでも全部紹介して、どれか応募して」的なやり方はしないので、自分に合うものだけを、ちゃんと紹介してくれるから選びやすいです。 ちゃんと頑張れば、数年後に別の仕事を探す時にも、有利になる仕事が多いと思います。

■福利厚生がすごいです…

おすすめの理由

社員割引のような制度が、派遣スタッフみんなに用意されています。 旅行やグルメ、映画や舞台の割引があります。

派遣スタッフでこれだけの福利厚生が使えるのは、ちょっと他の派遣会社ではありませんでした。 有名ホテルのランチビュッフェが40%オフなんて見つけてしまったら…、やっぱり使うしかないですよね。

■派遣スタッフの事を、ちゃんと助けてくれる!

おすすめの理由

「派遣業界では、スタッフの扱いがキツイ企業がまれにある」という噂は、聞いていました。
実際に一度、そういう企業で働く事になって、毎日つらくてメンタルが折れそうになった事がありました。

その時、パソナの営業さんに相談したところ、派遣先のキツイ上司に「当社のスタッフの扱いをちゃんとしてください!」と言いに来てくれた事がありました。

おかげさまで、最後まで契約期間を(無事に)やり切る事が出来ました。派遣スタッフを大切にするパソナさんの社風は、本当にありがたいと思います。

■「どんな人はパソナさんを選ぶのがいいのか」を皆で考えてみたら、こうなりました。

結構長めの求人を扱っている点や、スタッフさんのケアも考える分、「今だけ」「1~2ヶ月だけ」という短期の働き方だと、あまりパソナさんとの相性は良くないという意見が多めでした。 逆に、こんな希望の人には「オススメしやすい」という声も多くありました。

こういう希望がある人はパソナさんと相性が良いタイプ>

  • 登録したその時だけじゃなく、長くお仕事紹介をもらいたい
  • 社員なみの福利厚生を使いたい
  • スタッフを「使い捨て」のように使わずに、本当に困った時、ちゃんと助けてもらいたい!

こんな希望があるという方には、やはりパソナさんとの相性は良いと思います。

ちなみにこちらがパソナさん公式の「ハケンぴったり度チェック」と、「パソナを選んだ理由TOP3」です。↓

>>パソナ公式サイト「ハケンぴったり度チェック+パソナを選んだ理由TOP3」

 

なお、WEB登録を済ませると、MYPAGEからお仕事案内や、福利厚生も確認できますのでチェックしてみてください(結構、手厚い感じです)。

 

…色々と書きましたが、お悩みの内容は、この記事で十分に答えられていましたでしょうか?

もし未解決でしたら、他にも記事をご用意していますので、↓こちらのメニューから、お悩みのテーマをお探しくださいね。

未経験から受かる方法顔合わせ(面接、職場見学)に受かる方法
スポンサーリンク
■もしよければ、シェアして頂けますと幸いです♪
hakenlifesをフォローする
派遣ライフ:おすすめの派遣会社ガイド