「派遣ライフ」では、派遣のお仕事の受かり方や、派遣会社の選び方などを連載中です。派遣で困った時にはぜひご活用ください♪

〔30代、40代〕派遣で受からない…やっぱりアルバイトにすべき? 諦めたくない時のお仕事発見法

1442661219222673

今回は30代、40代の派遣のお仕事の見つけ方について解説したいと思います。

20代のうちは、派遣会社からドンドンお仕事紹介が来ていたのに、30代、40代になってくると、だんだんお仕事紹介が来ない or 顔合わせで受かりにくくなってきた…。
そんな事もあるかも知れません。

そんな時に、頭をふとよぎるのは「バイトやパートにしておく方がいいのかな…」という不安ですが、ここで諦めてしまうのは、実はもったいない!

派遣と一言でいいましても、お仕事や時給はさまざま。
年代や顔合わせの受かる率だけで、諦めてアルバイト・パートへ変更する前に、しっかり派遣で良い時給をキープする方法をまとめました。

派遣の時給はアルバイトの時給よりかなりプラス! お仕事を変えてでも派遣の方がお得

最近のアルバイト、パートの時給も少しずつ上がっては来ていますが、やはり時給の平均は800円台から900円台が一般的です。
1000円を超えるアルバイトと言いますと、夜シフトがついていたり、パチンコ系やノルマ付きのお仕事など、何かしら「ちょっと他の人が避けたがるワケあり求人」に当たってしまう確率もアップします。

逆に、派遣のお仕事で時給が1000円を割る仕事はかなり少なく、どんなお仕事内容でも、おおむね1000円以上をキープできる事がほとんどです。

派遣とアルバイトで、同じ仕事なのに時給が違う…。こんな事がある?

以前は「派遣スタッフは事務専門。専門性を活かすから高い時給」「アルバイトは簡単な作業。だから時給が低め」という明確な区別がありました。
しかし最近は人手不足だったり、アルバイトに求められる仕事内容が変わってきたりと、色々な事情があり、「派遣とアルバイトをしっかり分ける」という企業が減ってきました。

そのため、例えば同じデータ入力や軽作業のお仕事なのに、アルバイトなら時給920円で求人が出ており、派遣なら時給1100円で求人が出ている…なんて事があります。
それも、「まれに」ではなく、結構な確率であちこちの会社で起きています。

もしこのお仕事に応募するなら、絶対にアルバイトではなく、派遣で入る方がお得ですよね。

スポンサーリンク

派遣の職種が増えてる? 未経験のお仕事を見てみよう

派遣というと、一般的には「事務系、営業サポート系、コールセンター系」といったイメージが一般的ですし、今も求人の大半はこのジャンルです。

しかし、実はその陰で目立たないながら「こんな仕事あったの?」という求人も増えてきています。

特に、「アルバイトやパートにかなり近いのでは?」と思えるような職種もいくつかあります。
その一つが、「軽作業、仕分け、梱包、検品、製造、組み立て」といったジャンルのお仕事です。

お仕事内容を見ていますと、工場や倉庫でシンプルな仕分け作業だったり、決まった手順で組み立てやチェックをする求人で時給が1000円超えになっていたりもします。

事務、経理、総務などは20代有利? 職種を変えるだけで長く派遣の時給キープ?

どうしても派遣のイメージ的に、「事務、営業事務、総務などは20代から30歳くらいまで…」というイメージが、企業の方にもある場合があります。
顔合わせで他社から来た派遣スタッフさんと比べられてしまって…という事も、残念ながらある事も。

そんなときに、専門的なスキルを身につけて、「50代でも仕事が来る!」という方向へ頑張るのも、もちろん大切な方法です。

でも、「実際はちょっと難しいかも知れない…」と思う時は、先ほどの「事務以外の軽作業」を選ぶのも一つかもしれません。

少し職種を変えてみるだけで、アルバイト・パートの時給よりも100円以上高い時給のまま、派遣のお仕事を続ける事もできる事がよくあります。

「競争の激しい職種でバリバリ働く! 」という生き方も一つですが、「一番自分を大切にしてくれる働き方を選ぶ」という道も、大切な選択かもしれません。

なぜアルバイトに近いお仕事を、派遣の高い時給で出すの?

ここで疑問になりますのは、「同じ仕事ならアルバイトやパートで採用すればいいのに、なぜわざわざ派遣で?」という疑問ですよね。

これはとてもシンプルで、「どこも人手不足なのでアルバイトを採用できない。派遣会社なら、時給は高いがほぼ確実にスタッフを確保できる」という会社側の事情が大きいようです。

同じ働くなら、やはり時給の良い方が良いですから、アルバイトやパートに変えようかなと思った時は、そのまえに「派遣でよく似た求人がないかな」とチェックしてみるのがオススメです。

意外なお仕事で意外な時給の求人が見つかる事もよくあります。

まとめ

「派遣が決まりにくくなって来たから、アルバイトやパートに変えようかな…」
そんな不安が出てきてしまった時は、職種を事務系や専門職系から、「軽作業系」へ移してみるのも一つの手かもしれません。

同じようなお仕事でも、アルバイトやパートで採用されるよりも時給が良い事もありますし、派遣会社の保険なども継続できるのは大きなポイント。
せっかく続けてきた派遣のお仕事、ここで切るのは「もったいない!」という気持ちで、ぜひ良いお仕事と巡り会ってくださいね。

■姉妹サイトにも、30代40代の派遣受かり方記事がありますので、ぜひご覧くださいね。LINK → 派遣として長く働きたい! 30代、40代が受かりやすい職種、苦戦しやすい職種まとめ

LINK → 派遣のお仕事 何才くらいまで続けられる? 長く続けるコツ

派遣会社を変えて、受かる確率を上げる方法も

派遣の求人に受からない理由の一つに、「派遣会社から、受かりやすい求人を紹介されていない」という例もあります。

具体的には、「本当に希望している条件の求人は無かったので、仕方なく、紹介された別の求人で面接を受けた」といった例です。

こういった状況になりますと、スキルにも希望にも合っていないですから、当然、受かる確率は下がりがちです。

特にこんな事がある場合は、派遣会社を変える方法が有効です。

  • 希望条件にあう求人がそもそも少ない
  • スキルや希望条件にあわない求人ばかりゴリ押しで提案される
  • 派遣会社の対応がイマイチ

希望条件にあう求人紹介が受けられる派遣会社は?

希望する求人紹介を受けるための条件は、やはり「求人量が多い」事と、「派遣会社の対応がいい」という点が重要です。

派遣求人の量でいいますと、1位はスタッフサービス、2位がリクルートスタッフィング、3位がパソナとなるエリアが多めです。

ただし、上位2社は、求人数は多いですが、「求人紹介の内容がバラバラ」「量は多いけれど、ライバルも多くて早い者勝ち」「営業マンがすぐ変わる」といったコメントも多く、あまり丁寧な求人紹介を受けられる候補とは言い切れません。

この中で最も「派遣会社の対応が良い」という評価が多いのは、3位のパソナです。

パソナの特徴としては、求人数は業界3位になるものの、福利厚生は業界1位という点と、スタッフ一人ひとりに丁寧な求人紹介をする社風が有名です。

希望条件にあった求人紹介を受けて、受かる確率を上げる」という目的でいえば、乗り換え先としてはもっともオススメです。

受かる確率を上げるためには、「合わない求人をゴリ押ししてくる派遣会社とは付き合わない」という姿勢も大切です。ぜひ、あなたにあった求人を紹介してくれる派遣会社と、良いお付き合いをしてみてくださいね。

ちなみにパソナの公式サイトはこちらです。

>>パソナ公式サイト「ハケンぴったり度チェック+パソナを選んだ理由TOP3」

パソナに登録しておくメリットについては、さらにこちらの記事で詳しく説明していますので、あわせてご覧ください。 ↓

オフィス系派遣で長く働ける、おすすめ派遣会社の1位は?【当サイトのライターが実体験で調査】
派遣で長く働くノウハウをお届けする当サイトが、当サイトのメンバー全員で「オフィス系で長く働くなら、どの派遣会社がベスト?」を、【実体験をもとに】調査しました。その結果、オススメできる派遣会社ランキングで、1位になったのはパソナさんという結果でした。なぜ、パソナさんなのか。そこには、「オフィス系求人で長く働きやすい4つの理由」がありました。

 

…色々と書きましたが、お悩みの内容は、この記事で十分に答えられていましたでしょうか?

もし未解決でしたら、他にも記事をご用意していますので、↓こちらのメニューから、お悩みのテーマをお探しくださいね。

派遣面接で落ちた時の対策
スポンサーリンク
■もしよければ、シェアして頂けますと幸いです♪
hakenlifesをフォローする
派遣ライフ:おすすめの派遣会社ガイド