「派遣ライフ」では、派遣のお仕事の受かり方や、派遣会社の選び方などを連載中です。派遣で困った時にはぜひご活用ください♪

派遣のお仕事 何才くらいまで続けられる? 年代別の受かりやすい職種選びのコツ

<スポンサーリンク>

派遣のお仕事はどうしても期間限定となってしまいますので、「何才まで出来るか」「何才くらいから受かりにくくなるのか」という所はとても気になってしまいますよね。実際の所は人によって違ってきますが、やはり「だいたいこのくらいの年齢」と言われている例はあります。

20代、30代、40代と派遣の仕事を続けていく時、それぞれの年代での受かりやすい職種や、ぜひチャレンジしておきたい求人の選び方などをまとめました。

派遣のお仕事:20代の受かりやすさ

派遣求人のほとんど全てが、20代は大歓迎という求人になります。
そのため、面接(顔合わせ)でも一番受かりやすい年代といえるかも知れません。

ただ、ここにも例外があります。
20代前半や職歴が1年以下のような場合は、逆に受かる確率が下がってしまう事があります。

と言いますのも。
派遣スタッフを採用したいと思う企業のほとんどが「他の会社で数年働いた事のあるスタッフを採用したい」と考えています。

そのため、これまでの仕事経験の少なさから、経歴を「ほぼ新入社員」と思われてしまった場合、やはり採用を見送る会社も増えてくる傾向があります。派遣の仕事を始める前に、なるべく1年以上は何かの職種で経験を積んでおく方が、より有利に進められるかと思います。

派遣のお仕事:30代は実は一番の働き時

「派遣は20代のうち」というイメージが昔はありましたが、今の派遣業界ではむしろ30代がメインと言っても良いかもしれません。

30代ですと、お仕事経験が10年近くある事になりますので、採用する側の安心感は高くなります。

また、一般的な会社ではまだまだ若い年代に入りますので、初めての仕事をイチから教えるのも抵抗がない会社が多く、30代スタッフが活躍している企業は非常に多くあります。

「無理して正社員になっても、定年まで雇ってもらえるとは限らない…。それなら、時間や働き方を選べる派遣の方がいい」というメリットを選んで、この年代から派遣を始めるという方も増えています。

特に一般事務、データ入力、営業事務、総務経理などオフィスワーク系は30代が中心となっている所が多めです。
逆に、アパレルやIT系になりますと20代が中心ですので、少し苦戦する可能性も…。

また、30代、40代と長く派遣で働いていきたい場合は、ぜひ選んでおきたい職種もあります。
それは、求人の数や種類が多く、他の仕事への応用も聞きやすく、経験も評価されやすい、「事務系」を何社か経験しておくことです。

■30代、40代、その先と長く働き続けるために、経験しておきたい働き方は?■

・1社、2社だけではなく、5社~10社となるべく多くの事務求人に就いて、経験した会社数の幅を広げると、それだけ「どこでも働ける」という信頼度が上がります。

・一般事務だけに絞らず、営業事務、営業アシスタント、経理補助など、経験した職種の幅を広げますと、さらに有利です。(未経験の仕事にも積極的にチャレンジ!)

・経理、財務、英訳、貿易、翻訳、採用など、特殊なスキルが必要な経験を積んで、スキルの幅を広げる道も。(専門系職種の派遣は、時給が高く、ライバルも少ないのでねらい目)

・金融系、IT系、教育業界など、「この業界が得意」と思えるジャンルを見つけて、同じ業界で働く経験を増やしておく(派遣先の会社は、やはり「業界経験者」を最優先に採用してくれます)

派遣のお仕事:40代の受かりやすい仕事・受かりにくい仕事

一般的に、派遣スタッフとして「面接(顔合わせ)が受かり辛くなった…」と思う機会が出てくるのは、30代後半から40代にかけての場合が多いようです。

やはり一緒に働く同僚や、自分の上司になる人が、自分より年下という場合が出てきますので、相手側に「やりにくい」という感情が出てしまうからかも知れません。

とは言いましても、それは一般的な話ですので、実際、40代以上が積極採用される職種やジャンルももちろんあります。

特に40代という年代や経験が活かしやすいのは、こういった職種になります。

・年代を全く問わない求人が多い「データ入力」系

・社会人経験の長い人の方が安心して任せやすい「コールセンター系」

・最近急に増えてきたジャンル 「ネット通販系(梱包、発送、仕分けなど)」

・専門的な知識が必須のジャンル「経理・財務・翻訳・知財系」

・あなたの仕事経験が一番豊富なジャンル「即戦力を採用したい系」

職種上、若手より経験豊富なスタッフに任せたいというジャンルや、そもそも年齢を問わないジャンルは受かる可能性が高いですので、挑戦してみるのも一つの方法です。

逆に、派遣スタッフの求人の中には「ほぼ正社員並みの経験豊富な人に来てほしい」というハイクラスな求人も多くあります。
もしこういったジャンルで、あなたの経験を活かせる案件があれば、ぜひそちらへ挑戦していきましょう。

仕事内容も見合っている上に、時給も当然付いてきますし、何よりその後の50代以降のキャリアにも通じる経験となります。

まとめ

「派遣は何才まで行けるんだろう…」と不安を感じる時もやはりあるものですが、お仕事の選び方次第で、受かる確率は大きく変わってきます。
自分の得意な仕事でスキルを伸ばすという方向でお仕事を取る方法もあれば、「その年代が必要とされる仕事を選ぶ」という方法もあります。
ぜひ、あなたの希望にあった素敵な求人との出会いがありますように!

派遣Q&Aお答えします! Q:「実際に働いてみて、『ここは良かった!』と思える派遣会社はどこかありますか?」

A:お答えします!

当サイトのライターをしているメンバー達で、一番「良かった!」の意見が多かった派遣会社をアンケートしてみたところ、その1位は「パソナ」さんでした。
その口コミを大きくまとめると、こうなりました↓

■お仕事紹介が多い+長い
せっかく登録してもお仕事紹介が全然ない派遣会社は、やっぱりイヤですよね。パソナさんは、実際に登録するとお仕事紹介が多いのも有名です。
当サイトのライターの中には、かれこれ10年以上もお仕事紹介をもらっているベテランも。
一度だけ紹介したきりの派遣会社も多い中で、何年も何年もスタッフのことを気にかけてくれるのが、口コミ上位にいつも入る理由かも知れません。

■将来にいかせる求人が多い
派遣の会社は色々あるけれど、どこも軽作業やイベント補助や、ブラック企業っぽい(?)求人が多くて、件数も多いので探すのが大変。
パソナさんは「なんでもかんでも全部紹介して、どれか応募して」的なやり方はしないので、自分に合うものだけを、ちゃんと紹介してくれるから選びやすいです。
ちゃんと頑張れば、数年後に別の仕事を探す時にも、有利になる仕事が多いと思います。

■福利厚生がすごいです…
社員割引のような制度が、派遣スタッフみんなに用意されています。
旅行から、フィットネス、グルメ、映画や舞台、ベビーシッターまで割引クーポンがあります。メニューが多すぎて、それだけで時間をつぶしてしまう時も…。
有名ホテルのランチビュッフェが40%オフなんて見つけてしまったら…、やっぱり使うしかないですよね。

■派遣スタッフの事を、ちゃんと助けてくれる!
派遣スタッフへの扱いがキツイ企業がたまにあるとは聞いていました。
実際に一度、そういう企業で働く事になって、毎日つらくてメンタルが折れそうになった事がありました。その時、パソナの営業さんに相談したところ、派遣先のキツイ上司に「当社のスタッフの扱いをちゃんとしてください!」と言いに来てくれた事がありました。
おかげさまで、最後まで契約期間を(無事に)やり切る事が出来ました。派遣スタッフを大切にするパソナさんの社風は、本当にありがたいと思います。

■「どんな人はパソナさんを選ぶのがいいのか」を皆で考えてみたら、こうなりました。

結構長めの求人を扱っている点や、スタッフさんのケアも考える分、「今だけ」「1~2ヶ月だけ」という短期の働き方だと、あまりパソナさんとの相性は良くないという意見が多めでした。

逆に、こんな希望の人には「オススメしやすい」という声も多くありました。

<パソナさんと相性が良いタイプは、こういう希望の人>
・登録したその時だけじゃなく、長くお仕事紹介をもらいたい
・社員なみの福利厚生を使いたい
・スタッフを「使い捨て」のように使わずに、本当に困った時、ちゃんと助けてもらいたい!

こんな希望があるという方には、やはりパソナさんとの相性は良いと思います。

ちなみにこちらがパソナさん公式の「ハケンぴったり度チェック」と、「パソナを選んだ理由TOP3」です。↓

>>パソナ公式サイト「ハケンぴったり度チェック+パソナを選んだ理由TOP3」

なお、WEB登録を済ませると、MYPAGEからお仕事案内や、福利厚生も確認できますのでチェックしてみてください(結構、手厚い感じです)。

…色々と書きましたが、お悩みの内容は、この記事で十分に答えられていましたでしょうか?

もし未解決でしたら、他にも記事をご用意していますので、↓こちらのメニューから、お悩みのテーマをお探しくださいね。

いい求人の探し方派遣面接で落ちた時の対策
<スポンサーリンク>
■もしよければ、シェアして頂けますと幸いです♪
hakenlifesをフォローする
派遣ライフ:オススメの派遣会社ガイド