「派遣ライフ」では、派遣のお仕事の受かり方や、派遣会社の選び方などを連載中です。派遣で困った時にはぜひご活用ください♪

「一般事務」と「データ入力」、「営業事務」と「営業アシスタント」。違いのわかりにくい職種の仕事内容と、受かりやすさを解説

<スポンサーリンク>

派遣で求人を探す時、一言で「事務職」と言いましても、色々な職種があって迷いやすいものですよね。

何となく「事務で出来そうなものは…」と探すより、
「派遣の事務の求人は、どんな職種があって、難易度はどう違うのか」を知っていますと、それだけでも受かる確率はぐっと上がります。

今回は、「派遣の事務」と何となく一言でまとめられがちで、違いのわかりにくい、4つの職種について解説しています。

派遣の事務の職種は、20種類以上もある?

事務のお仕事といっても、簡単なデータ入力の仕事もあれば、経理や財務、翻訳など、専門スキルがないと受からない求人もあります。

また、派遣会社によって使っている用語が違いますので、例えば… ・「営業事務」と「営業アシスタント」 ・「OA事務」と「一般事務」と「オペレーター」 ・「窓口事務」と「受付事務」

など、一見、違いがわかりにくい職種も多くあります。

当サイトで簡単に調べてみたところ、派遣会社によって呼び方が違うため、
一般的な事務系の求人でも20種類ほどの職種や呼び方の違いがありました。

これでは、「私に一番あっている求人を探そう!」と思っても、職種を把握するだけで疲れてしまいがち。

まずは、派遣の事務の職種を、よくある名前で4つに分類して、内容と難易度をわかりやすく、分けてみました。

(注)この記事では、財務や翻訳などの専門系や、金融系の細かい違いを無視して、「派遣で一般的な事務の仕事を探す時のキーワードは何か」を基準に解説しています。

派遣の事務求人を探すときは、この4つの分類が多い

専門的な知識がなくても受かりやすい、派遣の職種は大きく分けますと4つあります。

それが、「データ入力」、「コールセンター」、「一般事務、営業事務」、「営業アシスタント」です。

それぞれの、よくある仕事内容や、受かるための難易度には違いがあります。

職種1.データ入力

仕事内容は文字通り、データを入力していく作業が中心の職種です。紙の申込用紙をデータ化する仕事が多め。

書類の作成や電話対応などがない求人も多いですので、事務系未経験の場合に、最初に応募する方法もあります。

受かるための難易度は、事務系の中では低めです。

<よくある仕事内容>
・紙の申込用紙をデータ入力
・数字データの入力
・入力されたデータの差や間違いチェック

職種2.コールセンター

コールセンターというと、セールス電話のイメージがあるかもしれませんが、派遣の事務系に多いのは、「電話を受ける側」の求人です。

特に多いのは、問い合わせ対応や、通販の注文受付などの求人です。

話をしながら、内容をパソコンで入力していく仕事が多いため、パソコン入力はある程度できる方が有利です。
しかし、エクセルやワードを使う求人は少ないので、ソフトが苦手という方にはオススメの職種です。

受かるための難易度は、事務系の中では低めです。

<よくある仕事内容>
・通販での注文内容の確認
・操作方法の質問など、お客様からの問い合わせ対応
・(まれに)クレーム対応の部署の求人

職種3.一般事務、営業事務

仕事内容は主に、社内の書類作成が中心です。
請求書や見積書、報告書などの作成が多いため、エクセルやワードは必須の求人が多め。

また、「OA事務」といった呼び方をしている会社もあり、仕事内容は「一般的な事務の仕事全般」と考えておく方が無難です。

受かるための難易度は、中程度。
未経験歓迎の求人も多いですが、やはり事務経験がある方が受かる確率は高くなります。

<よくある仕事内容>
・請求書や見積書、報告書の作成
・書類整理、郵送
・電話応対、受付など

職種4.営業アシスタント

仕事内容は、主に営業マンのサポートになります。
担当する営業マン数名のために、代わりにプレゼン資料や契約書を作成したり、営業の代わりにお客様とやり取りをすることもあります。

直接お客様と電話やメールをやり取りする事も多く、場合によっては訪問や出張がある事も。
かなり正社員に近い位置での仕事になります。

受かるための難易度は、派遣の一般的な求人の中では、かなり高めです。

<よくある仕事内容>
・請求書や契約書、プレゼン資料やデータの作成
・顧客への説明やサポート
・電話応対、メール対応など

まとめ

今回は説明を省略していますが、これら以外に、経理や財務、海外向け事務、翻訳系、IT系など、専門スキルが必要な「事務職」も多数あります。

派遣が初めてというときは、まずはメジャーな4つの職種の中から、
「これだ!」と思える求人を探すのがオススメです。

派遣Q&Aお答えします! Q:「実際に働いてみて、『ここは良かった!』と思える派遣会社はどこかありますか?」

A:お答えします!

当サイトのライターをしているメンバー達で、一番「良かった!」の意見が多かった派遣会社をアンケートしてみたところ、その1位は「パソナ」さんでした。
その口コミを大きくまとめると、こうなりました↓

■お仕事紹介が多い+長い
せっかく登録してもお仕事紹介が全然ない派遣会社は、やっぱりイヤですよね。パソナさんは、実際に登録するとお仕事紹介が多いのも有名です。
当サイトのライターの中には、かれこれ10年以上もお仕事紹介をもらっているベテランも。
一度だけ紹介したきりの派遣会社も多い中で、何年も何年もスタッフのことを気にかけてくれるのが、口コミ上位にいつも入る理由かも知れません。

■将来にいかせる求人が多い
派遣の会社は色々あるけれど、どこも軽作業やイベント補助や、ブラック企業っぽい(?)求人が多くて、件数も多いので探すのが大変。
パソナさんは「なんでもかんでも全部紹介して、どれか応募して」的なやり方はしないので、自分に合うものだけを、ちゃんと紹介してくれるから選びやすいです。
ちゃんと頑張れば、数年後に別の仕事を探す時にも、有利になる仕事が多いと思います。

■福利厚生がすごいです…
社員割引のような制度が、派遣スタッフみんなに用意されています。
旅行から、フィットネス、グルメ、映画や舞台、ベビーシッターまで割引クーポンがあります。メニューが多すぎて、それだけで時間をつぶしてしまう時も…。
有名ホテルのランチビュッフェが40%オフなんて見つけてしまったら…、やっぱり使うしかないですよね。

■派遣スタッフの事を、ちゃんと助けてくれる!
派遣スタッフへの扱いがキツイ企業がたまにあるとは聞いていました。
実際に一度、そういう企業で働く事になって、毎日つらくてメンタルが折れそうになった事がありました。その時、パソナの営業さんに相談したところ、派遣先のキツイ上司に「当社のスタッフの扱いをちゃんとしてください!」と言いに来てくれた事がありました。
おかげさまで、最後まで契約期間を(無事に)やり切る事が出来ました。派遣スタッフを大切にするパソナさんの社風は、本当にありがたいと思います。

■「どんな人はパソナさんを選ぶのがいいのか」を皆で考えてみたら、こうなりました。

結構長めの求人を扱っている点や、スタッフさんのケアも考える分、「今だけ」「1~2ヶ月だけ」という短期の働き方だと、あまりパソナさんとの相性は良くないという意見が多めでした。

逆に、こんな希望の人には「オススメしやすい」という声も多くありました。

<パソナさんと相性が良いタイプは、こういう希望の人>
・登録したその時だけじゃなく、長くお仕事紹介をもらいたい
・社員なみの福利厚生を使いたい
・スタッフを「使い捨て」のように使わずに、本当に困った時、ちゃんと助けてもらいたい!

こんな希望があるという方には、やはりパソナさんとの相性は良いと思います。

ちなみにこちらがパソナさん公式の「ハケンぴったり度チェック」と、「パソナを選んだ理由TOP3」です。↓

>>パソナ公式サイト「ハケンぴったり度チェック+パソナを選んだ理由TOP3」

なお、WEB登録を済ませると、MYPAGEからお仕事案内や、福利厚生も確認できますのでチェックしてみてください(結構、手厚い感じです)。

…色々と書きましたが、お悩みの内容は、この記事で十分に答えられていましたでしょうか?

もし未解決でしたら、他にも記事をご用意していますので、↓こちらのメニューから、お悩みのテーマをお探しくださいね。

いい求人の探し方派遣の職種解説と受かり方
<スポンサーリンク>
■もしよければ、シェアして頂けますと幸いです♪
hakenlifesをフォローする
派遣ライフ:オススメの派遣会社ガイド