派遣の職種解説と受かり方

未経験から受かる方法

未経験からの派遣の「営業」職種の受かり方

今回は未経験から派遣の営業へ応募して受かる方法についてです。 営業の職種によっても、採用されるためのハードルが変わってきますので、それぞれについて解説していきたいと思います。
いい求人の探し方

派遣の事務は、未経験だと難しい? スキルや経験別にオススメな職種を解説

派遣の事務は、「事務系の仕事は未経験」という場合、本当に受かるのか不安になるもの。 今回は、スキルや経験別に、未経験から受かりやすいオススメな職種を解説です。これまでの事務経験やスキル別に、3パターンでのオススメを解説していますので、ぜひ近いものがあれば参考にご覧くださいね。
いい求人の探し方

40代からでも派遣面接に楽々受かっていく人の、派遣の求人の選び方とは?

派遣で10年、15年と働いていきますと、経験した派遣先の企業数が10社を超えるという事も。一般的には、30代後半や40代になってくると、派遣の面接に受かるのが難しくなると言われがちですが、中にはサクサクとお仕事が決まっていく人も。今回は、40代でも派遣で仕事がどんどん受かる人の、お仕事の選び方ご紹介。
派遣の職種解説と受かり方

金融系・保険系一般事務 お仕事内容と派遣顔合わせの受かり方

今回は派遣の一般事務の求人でお仕事内容や、アピールポイントをまとめました。 金融・保険系は専門知識がないと入れない…というイメージがありますが、実際には一般事務の場合はほとんどが未経験OKの求人です。
派遣の職種解説と受かり方

データ入力の求人(エクセル、ワードなし)・お仕事内容と派遣顔合わせの受かり方

今回はデータ入力の求人のお仕事内容や、アピールポイントをまとめました。 データ入力のお仕事内容は、簡単な物からかなり専門的な物まで幅広くありますが、事務職を未経験でも受かりやすい求人についてまとめました。
派遣の職種解説と受かり方

通販系コールセンター・お仕事内容と派遣顔合わせの受かり方

さて、今回は派遣の求人でも人気の、コールセンターのお仕事内容や受かり方をまとめました。 コールセンター業務の中でも、かなり始めやすい職種になります「通販系のコールセンター業務」を解説です。
未経験から受かる方法

派遣のお仕事 受かりやすい求人、受かりにくい求人の解説

今回は派遣のお仕事で受かりやすい物、受かりにくい物をまとめました。 もちろんこれまでの仕事経験や年齢、その他いろいろな条件で変わってきますが、やはり「未経験からでも入りやすい職種」と「かなりハードルが高い職種」は分かれます。 どんな仕事を選んでいいのかわからない、と思った時のご参考にして頂けましたら幸いです。
未経験から受かる方法

未経験から派遣の事務職に受かる方法まとめ

「派遣は未経験に厳しい」と言われる事もありますが、実は選び方や順番の問題であって、実際にはそこまでハードルが高い訳ではありません。いきなり無茶な事務職を選ばず、未経験からでも始めやすく、スキルを身につけていく順番を間違えずに進めば、事務職のエキスパートも夢ではありません。今回は、事務職デビューの方法を解説します。
派遣の職種解説と受かり方

派遣の「コールセンター」のお仕事内容と、受かりやすいコツとは?

オフィス内でヘッドセットを付けての、電話中心の仕事内容となります。時給は高い物の、「大変そう」というイメージを持たれがちな職種ですが、企業や求人の内容によって、時給も仕事の難易度も全く違ってきています。今回はそんなコールセンター求人の仕事内容とどういう経験がアピールになるのか、未経験からの受かり方もまとめました。
派遣の職種解説と受かり方

派遣の「営業事務」のお仕事内容と、受かりやすいコツとは?

一般事務と並んで人気があるのが、営業事務の求人です。 会社によっては、営業事務と一般事務を同じ物として扱っている所もありますが、ここでは一般事務とは区別して書いていきたいと思います。 どんな仕事内容で、どういう経験がアピールになるのか、未経験からの受かり方もまとめました。 営業事務の仕事内容は?
未経験から受かる方法

派遣にはどういう仕事が多い? 受かりやすい職種、未経験OKの職種は?

あやゆる業界で派遣のお仕事はありますが、その内容は未経験OKの仕事から、かなりの業務経験がないと受からない物まで幅が広くあります。 そんな中で、なるべく求人が多い物や受かりやすい物、その逆のお仕事などをまとめてみました。
派遣の職種解説と受かり方

派遣の求人:営業アシスタントと営業事務はどう違う?

今回は派遣の求人の探し方でも、時折迷ってしまう「営業アシスタント」と「営業事務」の違いをまとめました。どちらも「営業」という言葉が付いていますので、とても良く似た仕事のイメージを持たれがちですが、実は仕事内容や求められるスキル、経験がかなり違ってきます。